鐡路ニ迷ウ

嗚呼岡見貨物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

169系6連急行 御代田信濃追分にて

series169 Express"Shiga"
しなの鉄道 169系 急行"志賀"
友人にしなの鉄道ツアーに誘っていただいたので参加してきた。終電で新宿まで出てそこで拾っていただき一路長野へ。最初は御代田~信濃追分のタイガーロープのない区間へ、前に行った時もここで撮影している。朝早く着いたので早めに場所取り出来てよかったが後から後からどんどん人がやって来た。
たまに来る115くらいしか暇をつぶすことがなかったが、定員オーバーで三脚の山が出来上がった後に169はやって来た。
少し光線が弱い気がするがギリギリ許容範囲だろうか。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/30(火) 23:59:59|
  2. しなの鉄道
  3. | トラックバック:0

あけぼの ジンボシンにて

EF64 1032 Akebono
EF64 1032 2022レ "あけぼの" 神保原~新町にて (4/28)
あけぼのシーズン到来とのことで、熊谷から車で拾っていただき真夜中に現地へ。
天気はよかったのに、非双頭と思いきやまさかの双頭。よってリベンジ必須。
  1. 2013/04/30(火) 17:00:00|
  2. 寝台特急
  3. | トラックバック:0

はまなす 油川定番にて

ED79 14 Hamanasu
ED79 14 202列車"はまなす" 津軽宮田~油川にて
 浪岡北常盤で日本海を撮影した翌日もこの場所ではまなすを撮影したが残念ながらこの辺り特有の朝霧にやられてしまった。そして、その翌日、夜空を見上げても星がくっきり見える程で期待も高まった。現着した後、機材を準備する。幸か不幸か前日に世間一般の盆は終了していたので、この日は前日の激パとは打って変わって穏やかだった。
 
 二日もまともに寝ていない為に重しのような瞼と戦っていると、影が段々引いてゆき、通過数分前にやっと線路まで全て影が引いた。そしてほぼ横からの強い朝日を受けてはまなすがやって来た。
  1. 2013/04/27(土) 18:00:00|
  2. 寝台特急
  3. | トラックバック:0

北斗星 五稜郭函館にて

ED79 18 Hokutosei
ED79 18 1列車"北斗星"
今回も昨夏の合宿がらみの写真だ。この写真は3日目に函館に宿泊した時に撮影した。朝起床後すぐに函館の宿を出て、歩いて五稜郭函館の撮影地に向かった。曇っていたので跨線橋の定番に行く必要もないかなと思い途中の踏切へ。目当てはカメラをセットしてすぐにやってきた。この後撤収していると大雨が降って来たので危なかった。
個人的にED79の函館方はシンパのせいでちょんまげが生えてるような感じがしてあまり好きではないが、北斗星に関しては余程送れない限り青森方は撮れないので、これも記録と言うことで。
  1. 2013/04/26(金) 17:00:00|
  2. 寝台特急
  3. | トラックバック:0

鷲のマークの内燃機関車

DD51 1184
1256レ DD51 1184 苫小牧貨~苫小牧
昨年の夏、DD51の仕業が殆どDF200で代走される中、この苫小牧-苫小牧貨のピストン貨物は根強くDD51の運用として残っていた。しかもこの運用は基本積載率がよく、臙脂コンテナ統一なので編成もよい。そうなるとこの列車を逃すわけにはいかない。ということで函館からの特急を苫小牧で降りた我々一行はまず苫小牧の駅からロケハンを開始し、この陸橋に目星を付けた。そこで待つこと十数分、遠くには原色機が見えた。
この翌日に行った時は残念ながらウヤであった。鷲別のDD51は再び撮る機会は果たしてあるのだろうか
  1. 2013/04/23(火) 17:00:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0

しなの鉄道 あの夏で待っている 浅間山バック

series115 ”あの夏で待ってる”
しなの鉄道115系あの夏で待っているラッピング 御代田~平原にて
ずいぶん前に平原ストレートの169系を上げたが、その前に御代田寄りのポイントであの夏ラッピングを撮影することにした。直前までどんよりと曇っていたが、通過直前に奇跡的に晴れた。
だが残念ながら山にはどでかい雲が居座ったままだったのと、少し早切って建物が目立っているのが気になってしまう。
  1. 2013/04/22(月) 17:00:00|
  2. しなの鉄道
  3. | トラックバック:0

485系快速くびき野 古津矢代田にて

series485 T-17 Raipd Kubikino
485系T-17編成 快速くびき野
昨年の八月の後半は所属する鉄研の合宿で北海道、新潟を回った。残念ながら北海道では曇りカットが多かった。しかしはまなすとつがるといなほを乗り継いで新潟に到着するとそこそこ晴れていたので見当をつけておいた古津矢代田の撮影地へ行った。EF81や485系の臨時は薄陽だったが、その後にやってきたくびき野はギラリと太陽光を反射しながら姿を見せた。
今度はこの光線で国鉄色を撮ってみたいものだ。
  1. 2013/04/21(日) 17:00:00|
  2. JR東日本・特急形
  3. | トラックバック:0

日本海 北常盤浪岡にて

最近撮影に行かず更新するネタも途切れて来たので過去作を備忘録も兼ねて張り付けて行こうと思う。
EF81 107 Nihonkai
EF81 107 臨時日本海 9004レ
この日はあけぼので現地入りして、午前中は下りの日本海を撮影した後この浪岡北常盤のストレートに移動した。駅から延々と汗をかきながら現地で知り合ったおじさんと歩いたのが記憶に残っている。我々が現地入りした時は既に三脚の列が形成されていたのでそこの中に入れてもらった。
通過前には雲も引き、これは光線もバッチリだとしたり顔で待っていると、案の定夏の夕刻の太陽光をもろに浴びてやってきた。客車にささってるポールが若干気になるが、仕方ない。
この当時は来夏も来ようという認識だったが残念ながらそれは果たせぬ事となった。
  1. 2013/04/20(土) 17:00:00|
  2. 寝台特急
  3. | トラックバック:0

安住の地

IMG_4481
4/6に2700の鉄道コレクションを買いに京王れーるらんどに行った時、脇で建設中の展示施設に既に車両が全て運び込まれていた。これだけ往年の名車が揃い踏みをしているところは壮観という他にない。リニュアールオープンが待ち遠しいものである。
  1. 2013/04/17(水) 23:35:24|
  2. 京王・都営新宿
  3. | トラックバック:0

夜明け前

Before Dawn
始発列車は夜明け前の田園地帯をトコトコと一両で走る
  1. 2013/04/15(月) 19:00:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0

岡見貨物5583レ 石見津田~益田にて

DD51 750+DD51 756
5583レ DD51 750+DD51 756+タキ1100 石見津田~益田にて
 青浦鉄橋で単回を撮影後岡見の駅へ戻る。運良く五分程でキハ120がやってきたのでそれに乗り石見津田へ行こうかと思ったのだが、途中で寝てしまい気付いたら益田だった。折り返しまた運賃がかかるのも癪なので、歩いて遠田へ向かった。途中歩道の無いトンネルがあり冷や冷やしたが、一時間程で目的地にたどり着いた。本番まではまだまだ暇なので海岸の方に出てキハ120を撮影していた。

 日も傾いた頃に遠田のS字の撮影地に移った。それでも一時間以上あるのでゆっくり場所を決めて機材をセットする。本番30分前くらいにもう一方いらっしゃって二人での撮影となった。単回が少し遅れていたので本番も遅れてないか不安だったが、無事ほぼ時刻通りに日本海越しの夕日を浴びて来てくれた。これはこの日の夜まで気付かなかったのだが、どうやら遠田Sの定番はここではないらしい。が、まあこっちでも綺麗に撮れたのでとりあえずは良しとしたい。


  1. 2013/04/14(日) 18:30:00|
  2. 岡見貨物
  3. | トラックバック:0

岡見貨物重単 青浦鉄橋にて

DD51 Double Headding
単5361列車 DD51 750+DD51 756
続いて岡見から益田へのDD51の重単を迎え撃つ。ド定番ではあるが、草が延びていて切り位置が今一難しい。空の色が薄雲がかかった感じなのであまり空を入れずに構図を作った。どこまでも続く海の青さにDD51の朱が映える。
やはり春だと手前の緑が少ないのが少々気になるが、ここからだとDD51の汚れ方がよく分かる。
  1. 2013/04/13(土) 17:00:00|
  2. 岡見貨物
  3. | トラックバック:0

春の山陰

Aoura Bridge
5582レを撮影してから重単の回送が来るまではしばらく時間があるが、真横からの撮影ポイントに移動した。既にそのポイントにいた方と歓談しながら列車を待つ。
最初の列車は縦で撮ってみたが、思いのほか草がかかってしまった。
  1. 2013/04/12(金) 17:00:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0

岡見貨物5582レ 鎌手岡見にて

Aoura Bridge
5582レ DD51 756+DD51 750+タキ1100 鎌手~岡見にて
 本俣賀益田で押さえたらすぐに撤収し益田駅へ。20分後の山陰線の列車に乗らないと一時間以上岡見に行ける列車がないのだ。走って行った結果発車のだいぶん前に到着してしまった。外が比較的涼しいというか寒かったため、走っても汗をかかないのは良かった。
 なにはともあれ、その列車に乗って岡見駅へ。そこから二、三十分歩き青浦鉄橋へ。事前に行き方案内を見ていたから良かったものの、初めてなら絶対に迷ってしまいそうな道だった。まず脇道に入る辺りまでは誰でも分かりそうだが、そこからあんな藪の中を行くとは思ってもよらなかった。しかし、たどり着いた先は噂に聞く通りの絶景でかつ天気も安定して晴れてきてくれたので苦にはならなかった。
 その後、海を望みながら時折やってくる列車を撮影していると、本番の時間になっていた。波の音とディーゼルの音が混ざって聞きづらかったが、近づいてくるのがわかった。結局、ここで撮影したのは自分だけだった、やはり夏以外はそこそこ人の出が少ないのだなと思った。
  1. 2013/04/11(木) 17:00:00|
  2. 岡見貨物
  3. | トラックバック:0

岡見貨物 本俣賀益田にて

DD51 756+DD51 750
5675レ DD51 756+DD51 750+タキ1100 本俣賀~益田にて
 美祢線で撮影後は新山口まで戻り、山口線の最終で益田まで3時間キハ40の単行に揺られた。山口発車時点で十数人だった客はどんどん降りて行き、益田到着時には自分を含め4人しか乗車していなかった。
 
 既に営業時間外で人員もいないラッチを通り、宿泊地である某M字の飲食店へ。客が自分だけで若干ひやひやしたが、朝五時頃にそこを出発し、本俣賀~益田のロケハンへ。流石に本俣賀石見津田の見下ろしまで歩く気力はなかったので事前に衛星写真で確かめておいたポイントの辺りで三脚をかまえる。
 
 雲量予報でそこそこ雲がでしゃばると思われたので、日の出直後だし御来光は半ばあきらめて逆側で待機していたのだが、夜が明けるにつれ、予想していたよりずっと雲が少ないとわかったので順光側のロケハンもしていた。すると通過五分前位であっただろうか、綺麗に線路に陽が射してきた。ということでもちろん場所を変更して通過を待つ。
 
 そして遠くから微かに警笛が聞こえてまず姿を現したのは原色であった。祈るような気持ちで見つめていると後ろもなんと原色であった。高まる気持ちを抑えながらシャッターを切った。
  1. 2013/04/10(水) 17:00:00|
  2. 岡見貨物
  3. | トラックバック:0

5686レ 四郎ヶ原~厚保にて

DD51 835
DD51 835+タキ1100×11 四郎ヶ原~厚保にて
単回を撮影後は反対を向いて本番を待つ。段々雲が薄くなるもののなかなか晴れない、残念ながらそんな天気の中を通過して行った。
この835も持ってあと一年強というところだろうか…
  1. 2013/04/09(火) 17:00:00|
  2. 岡見貨物
  3. | トラックバック:0

山深く

DD51 835
単973レ DD51 835
広島で一泊した翌日は美祢線へ。厚保駅まで乗った。

自動車も通れないような山間の第四種踏切を越え、DD51の単機がやってくる。DD51の原色は凄く日本の自然と調和した朱色だと思う。そんな中で門司の原色機達は検査の期限が徐々に迫っている、こんな光景もいつまで見られるのだろうか、そしてどれだけ記録できるのだろうか。
  1. 2013/04/08(月) 23:59:59|
  2. 岡見貨物
  3. | トラックバック:0

瀬野八の主

Push
直流機の中で異彩を放っているEF67、その仕事は日本に唯一残る峠越えの補機だ。瀬野八の区間だけ貨物列車の峠越えを後押しする。0番台はEF60改造なので相当古いが、この100番台もEF65-0改造なのでなかなかの古豪である。
EF65-0の面影を残し今日も峠を上下する。
  1. 2013/04/08(月) 00:00:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0

103-1500?

series105
105系広K12編成+広K??編成 広島にて
北近畿を撮影後は一路西へと向かい、その日の夜には広島に到着した。広島で宿泊するので合間を縫ってバルブへ。工事中で一番線のバルブができないことに若干肩を落としながらの撮影となった。
この可部の105も色々な種類があるが、103顔のスカートがいかつくない原色の編成が来てくれて満足できた。
  1. 2013/04/07(日) 19:00:00|
  2. JR西日本・通勤、近郊形
  3. | トラックバック:0

381系こうのとり 石生黒井にて

series381 Konotori
381系FE63編成 こうのとり 石生~黒井間にて
さらに西に向かう前に本番の前に来たこうのとりの381系を。これは本番の2時間程前なのでまだ前面にべたっと光線が当たっている。
381系も安泰と言えるわけではないので早めにカットを増やしておきたいと思っている。
  1. 2013/04/06(土) 23:59:59|
  2. JR西日本・特急形
  3. | トラックバック:0

183系なつかしの北近畿 石生黒井にて

series183 Kitakinki
183系B65編成 なつかしの北近畿 石生~黒井間
北近畿リバイバルが旧幕で走るということで、ダイヤ改正前最後に撮れなかった身としてはこれが最後の183を撮るチャンスなのではないかと思い、参戦することに。GPV長期予報に気をもむこと数日、どうやら晴れそうだということで気持ちも高まった。
前日に東海道線と山陰線を延々と乗り継いで福知山へ。東海道を延々と乗り継ぐのは久しぶりだか乗り換えもよかったことで意外と短く感じた。(まあ八戸まで普電往復よりは数倍もましである。)
当日は、順光で綺麗に撮れるのがこの石生黒井くらいということで混雑しそうだったので早めの電で現地へ、7時半ごろ現地入りしたが、既に三脚の山が出来上がっていた。
そして待つこと4時間。十分程度遅れているということでだんだん薄くなってゆく面に気を揉んでいるとやっとそれはやってきた。面も思っていた以上に残ってくれていて満足だ。去り行く183に最後の花向けができたと思う。
現役時代のこの幕は見たことがないが、この幕のほうが北近畿には似合っているのではないか。

大満足でこの後さらに西へと向かった。
  1. 2013/04/05(金) 23:13:57|
  2. JR西日本・特急形
  3. | トラックバック:0

701系配給

EF81 95+Type Mani50+series701 Sendai color
EF81 95+マニ50 2186+701系N105編成
701の配給があるということで勇んでヒガハスへ。直前の211配給は残念ながら通過数十分前から分厚い雲が延びてきて曇ってしまった。その後心を入れ替え、場所も前の方に移り701配給を待つ。見事に雲も抜けてくれて本番は通過して行った。背景の空の色が今一気に入らない以外は合格だろうか。
  1. 2013/04/05(金) 17:47:00|
  2. 配給・工臨
  3. | トラックバック:0

プロフィール

鐡路迷

Author:鐡路迷
flickr(リンク)

【使用機材】
*Canonマウント
EOS6D
EOS7Dmk2
EOS50D[休]
SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Tamron)
EF24-105mmL F4 IS USM
EF70-200mmL F2.8 USM
EF100-400mmL F2.8 IS USM

*PENTAX67マウント
PENTAX67
smcPENTAX67 200mm F4

最新記事

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

カテゴリ

TOP (0)
撮影記 (1)
鵜殿貨物 (6)
岡見貨物 (8)
常磐線・貨物 (3)
高崎線・貨物 (1)
私鉄各線・貨物 (2)
甲種輸送 (1)
配給・工臨 (6)
寝台特急 (14)
JR東日本・特急形 (13)
JR東日本・通勤、近郊形 (11)
JR西日本・特急形 (5)
JR西日本・通勤、近郊形 (5)
しなの鉄道 (5)
東急 (6)
京王・都営新宿 (34)
京成 (2)
阪急 (1)
模型(京王) (1)
雑記 (10)
未分類 (28)
銚子電鉄 (6)
上毛電鉄 (1)
秩父鉄道 (8)
北海道 (16)
小田急 (2)
川崎界隈 (3)
JR九州 (2)
JR西日本・機関車 (1)
会津 (2)
イギリス (1)
ドイツ (5)
オランダ (4)
スイス (1)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。