鐡路ニ迷ウ

嗚呼岡見貨物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8088レ 佐和東海にて

EF510 510
8088レ EF510-510
佐和東海では651系の他に8088レを撮影した。事前に運用を見ているとまさかの銀釜であった。この前の安中でも同じ釜を撮影していたので運が良いのか悪いのだか分からない… 今度は引きつけたアングルて構えた。
見えて来たのはやたらパンタシューが綺麗なEF510-510であった。釜次位2両スカなのが残念だがなんとかなくなる前に撮影出来た。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/24(日) 17:00:00|
  2. 常磐線・貨物
  3. | トラックバック:0

651系×3

series651 Super Hitachi
651系K109編成 スーパーひたち18号 内原~赤塚にて
series651 Super Hitachi
651系K106編成 スーパーひたち42号 佐和~東海にて
series651 from Koriyama
回8725M 651系K105編成 水戸にて
この日は651と常磐貨物の二つの柱を中心に常磐を回った。651は4回撮影してうち1回はネットに上げるような写真でもないので省略し残りについて書いていく。
内原赤塚では5388レの通過前にスーパーひたち18号が通過していった。眼下を走り抜ける白い車体のスーパーひたちは正に特急という感じで風格が感じられる。
そして場所を移して佐和東海へ。切り位置に悩んだが結局奥で切ることにした。側面が多少薄いが、格好よく写ってくれた。
陽が出ている時間の撮影を終え、水戸駅に向かっていると郡山出場があるということで水戸駅でそのまま待機した。郡山を出場してきた651系は下回りこそ綺麗だったものの前面LEDが切れていたりともう古くなったものだと思った。
  1. 2013/03/23(土) 14:13:20|
  2. JR東日本・特急形
  3. | トラックバック:0

東武60000系甲種 武州荒木新郷にて

Deki507+Tobu series60000
デキ507+東武61601F+デキ503 武州荒木~新郷にて
東武60000の甲種輸送だが、JR区間はそれほど興味が湧かなかったので、秩父線内だけ行ってきた。
武州荒木新郷の定番へ行こうと決め、10時前に現地に到着した。その時はそれほど人がいなかったが時間が過ぎるにつれ人が集まり最終的には50人程の撮影者がいた。
普電に入っている1000などを撮影して暇をつぶし、いざ本番。デキに挟まれたぴっかぴかの車両がやってきた。
個人的に秩父のデキはひさしがついている奴の方が好きだが、ひさしがなくてもデッキの付いている機関車は格別にかっこいいと思う。
  1. 2013/03/21(木) 23:00:00|
  2. 私鉄各線・貨物
  3. | トラックバック:0

EF510-505 5388レ

EF510 505
5388レ EF510-505+タキ1200×12+トキ25000×6 赤塚~内原にて
鵜殿から帰って来た次の日は、常磐へ。前に一回内原赤塚の見下ろしの写真を見て以来一回ここで安中を撮りたかった。着いた時には雲が湧いていたが段々と雲も引いた。そして安中はフル編成で通過していった。
EH500の安中もかっこいいが、EF510の安中もなかなかかっこよかったと思っている。
  1. 2013/03/20(水) 17:00:00|
  2. 常磐線・貨物
  3. | トラックバック:0

105系

series105
105系 新宮~三輪崎にて
鵜殿貨物を追っかけた後は夕方まで暇になる。ということで新宮以西の区間へ。今までは全然被写体として見てこなかったこの105系。いまいちすっきりしない天気ではあったが、こんな景色のなかで撮ると車体の色と重なって結構映える感じな気がする。
  1. 2013/03/19(火) 23:00:00|
  2. JR西日本・通勤、近郊形
  3. | トラックバック:0

鵜殿貨物2088レ 阿田和紀伊市木にて

DD51 857 way back
3/10 2088レ DD51 857+コキ7車 阿田和~紀伊市木にて
鵜殿貨物の行きを撮った後は105を撮影したりして時間をつぶし、返しを撮るために紀伊市木近くの陸橋へ。少し背景が五月蝿いが、傾きかけた薄陽の中を通過して行った。
  1. 2013/03/16(土) 23:59:59|
  2. 鵜殿貨物
  3. | トラックバック:0

鵜殿貨物2089レ 三野瀬船津にて

DD51857
2013/3/10 2089レ DD51-857+コキ7車 三野瀬~船津にて
前回の記事で3/11分の鵜殿貨物の写真は放出し終えたので、順序は逆だが、その前日の3/10分を書いてゆきたいと思う。この日も徳和多気の鉄橋と三瀬谷鉄橋と梅ヶ谷出線で迎え撃ったが、どれも完全に曇っていたのでその次の晴れた三野瀬~船津の写真を上げる。
梅ヶ谷出線から追いかけて、この三野瀬~船津にはぎりぎりの到着だった。車の外に出ると丁度DD51の車体が遠くに見え隠れしていた。急いで露出を合わせて夢中で撮った。
更新は更新でもスノープラウ付きが来てくれた。原色との組み合わせもいいが、この真新しいコキ107でそろえられた編成とは更新機も似合っている気がする。
  1. 2013/03/16(土) 14:00:00|
  2. 鵜殿貨物
  3. | トラックバック:0

2013.3.16ダイヤ改正所感

今回のダイヤ改正は大きな動きもないだろうと鼻をくくっていたら手痛いしっぺ返しを食らうことに。自分が気になって撮影してきたものの範囲で今回のダイヤ改正を振り返りたいと思う。

・JR西日本183系、定期運用撤退
series183 B65 Konotori
永年、福知山方面の特急として親しまれてきた183系がついに、定期運用から撤退。昔から見慣れた"似非"特急色の引退は残念だが寄る年波には勝てなかったのだろう。
・JR東日本651系・E653系、定期特急から撤退
series651 Super Hitachi
上野の地下ホームに停まっている特急と言えば、185系とこの651、E653系。しかし、知らぬ間にE657系も相当数が出そろい、両者共に定期特急からはずれることになった。

・JR東日本田端運転所所属機、貨物運用消滅
EF510-510
永年の慣習で何故か当たり前となっていたJR東日本田端運転所に所属する機関車の貨物貸出運用だが、今改正で全て消滅する。また同じく宇都宮運転所の入換運用も消滅する。積み荷が特徴的な写真の5388、5781列車もJR東日本機は運用にもう就かない。

・紀勢線2088、2089列車通称鵜殿貨物廃止
DD51 853
2088、2089レはこれまで北越紀州製紙紀州工場から東京へと上質紙を輸送してきたがこの度海上輸送へと転換することになり、廃止の運びとなった。古くは3362、3363列車継走のDD51重連貨物として化成品タキも付いて新宮までを走り親しまれてきたが、紀勢自動車道の全通を前に転換されてしまった。

・貨物の運用変更
EF65 2067 train No.5783
これに関しては憶測の部分が多いが今回の貨物改正は運用変更とともに列車廃止、新設など大幅なダイヤ改正が予定されている。写真の5783、5764列車も機関車が変更される。

・JR東海117系、定期運用離脱
IMG_1311[1]
117系に関してはあまり思い入れがないので貨物の合間に撮影した写真しかないが、地味に頑張って来た東海の117系ももう引退するそうだ。
手っ取り早く縮小をかけた画像なので画質は勘弁していただきたい…

・JR東日本200系、定期運用離脱
series200K51[1]
こちらも、新型が増える中で運用を続けて来た200系新幹線も今回全車が定期運用を離脱する。

・東急9000系・1000系、東横線から引退
Tokyu 9001F
Tokyu 1005F
東急東横線渋谷駅地下化、5直開始とそれに伴う日比谷直通の廃止で東急9000系、1000系は東横線から引退する。これに伴い9001Fに装飾がされたりと東横線は大いに盛り上がった。

・しなの鉄道169系、定期運用から撤退
series169
国鉄直流急行型はJR各社から撤退後もここ、しなの鉄道では活躍してきたが、JR東日本長野支社に211系が転入し、それにより余剰となった115系によって165系も置きかえられることとなった。ただ、しばらくの間は臨時列車として残るようだ。


他にも123系が引退したり千葉の211系が引退したり京都線の205系が引退したりと今回の改正は、地味だが色々なものが消える改正だと思う。にしても最近は本当に色々なものが消えているように感じる。改正後も色々と撮影しておかないといけなそうだ。
  1. 2013/03/15(金) 23:59:59|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0

鵜殿貨物2089レ 紀伊長島三野瀬にて

seaside
2089レ DD51 853+コキ7車 紀伊長島~三野瀬にて
梅ヶ谷出線で撮影した後、すぐに出発したが、道の流れがそこそこだったこともあり、途中で並走するのが限界だった。紀伊長島~三野瀬のお立ち台には通過数十秒前に滑り込み、端の空いていたところからなんとか撮った。結果海の成分がいささか少ない写真になってしまったが、風光明媚な紀伊半島を走る鵜殿貨物の雰囲気は出せたと思う。

この風景ならHDR写真風にしてみてもうけるのではないかと考えてやってみた結果。
Diesel Locomotive in Kii Peninsula
  1. 2013/03/15(金) 17:00:00|
  2. 鵜殿貨物
  3. | トラックバック:0

鵜殿貨物2089レ 梅ヶ谷紀伊長島にて

DD51 853
2089レ DD51 853+コキ7車 梅ヶ谷~紀伊長島にて
イセカシで撮影を終えた後、強風にあおられながらもすぐさま撤収し、梅ヶ谷駅のすぐそばの撮影地へ急いだ。行ってみると思っていた以上に影がでてなかった。先程の遅延もあり時間がつらいので三脚を立てる時間もない。だいたいのピントを合わせて構図を決めると、木蔭からDD51が見えた。山蔭のギリギリまで引きつけてシャッターを切る。DD51の半面光はDD51らしさが出ていて好きだ。また、この角度で撮るとブロックプレートの影がブロックプレートらしさを引き立ててくれるのがなんともいえない。
  1. 2013/03/14(木) 20:00:00|
  2. 鵜殿貨物
  3. | トラックバック:0

鵜殿貨物2089レ 阿曽伊勢柏崎にて

DD51 853
2089レ DD51 853+コキ7車 阿曽~伊勢柏崎
徳和多気で一発目を美味しく頂いた後、車で追跡を開始した。行き先は阿曽~伊勢柏崎の定番、イセカシだ。現地に到着したら、既に20人ほどの方々が構えていらっしゃった。カメラをセットして、たいへん風が強い中貨物を待つ。定刻になっても来ないので気をもんでいると、遠くの緑の中に一点、朱色が見えた。ここでもまたよい光線の中、坂を駆け上るエンジン音と排気煙で大きな陽炎を造りながら通過して行った。
  1. 2013/03/13(水) 23:00:00|
  2. 鵜殿貨物
  3. | トラックバック:0

鵜殿貨物2089レ 徳和多気にて

DD51 853 ”鵜殿貨物”
2089レ DD51 853+コキ7車 徳和~多気にて
二泊三日で鵜殿貨物を撮りに行ってきた。知り合いの車に便乗させていただいた。撮影初日は朝方は雲に覆われその後晴れてきたが、順光のカットは得られず、釜もスノープラウが付いてるとは言え更新色だったので不完全燃焼に終わってしまった。
撮影二日目は原色と更新色との情報が入り乱れていたが、朝日も顔を出して朝の強い光線の中、目の前に姿を見せたのは原色だった。永い間憧れていた鵜殿貨物を終焉間際にこんなによく撮る事が出来て感無量といってもよかった。
タキやホキを牽くDDもかっこいいが、やはりコキを牽くDDは格別に格好いいと思う。
  1. 2013/03/13(水) 17:00:00|
  2. 鵜殿貨物
  3. | トラックバック:0

しなの鉄道169系 御代田平原にて

series169

金曜は一日中暇だったので、丁度湘南色が動くようだったのでしな鉄へ。平日だったので全体的に人は少なかった。まず御代田で降り、浅間山バックの撮影地に行った後、陸橋俯瞰へ。
構図をどうしようか迷ったが、169自体あまり撮影した事がないので望遠ぎみに車両メインで撮ることにした。
撮影したのが午前遅くの便だったのでまだ面は薄かったがこの後曇ってしまったので結果的に見れば先に行っておいてよかったと思った。
169も装飾が付いてしまうと違和感がぬぐいきれないのでもう行くこともないのだろうか…
  1. 2013/03/12(火) 17:00:00|
  2. しなの鉄道
  3. | トラックバック:0

4074レ

EF65 2117 train No.4074
EF65 2117+コキ4+タキ10
バリ晴れの予報を聞き喜び勇んで眠りに着いた翌日、朝起きると薄晴れで空の色が汚いという酷い状態だった。その時点でこのやり場のない怒りどこにぶつけようかとやる気をなくし、不貞寝したのだが予想外に早く起きてしまったので4074だけでも撮りに…と重い腰を上げて行田へ。途中高崎線に行こうとしているのに小金井行きに乗って蓮田まで乗り過ごす等のミスをやらかしながらも通過3分前に行田へ。急いで構図を確認する。
ピンを置き終わった頃には接近が鳴り、間もなくPFが姿を現した。タキは短かったもののメタノールはフル積載でよい感じだ。あいにくの汚い空だがとりあえず晴れてくれただけ良しとしよう。
  1. 2013/03/08(金) 15:00:00|
  2. 高崎線・貨物
  3. | トラックバック:0

東急甲種

DE10 1663+Tokyu series5050
DE10 1663+東急5050系
何故か縁がなく、これまで一回も撮った事がなかったので、今日こそはと東急甲種へ。撮影地を探した所、成瀬長津田くらいしか良さそうな所がなかったので成瀬長津田へ行った。
平日であり幸い人も少なく通過20分くらい前だったがキャパは余裕だった。通過20秒程前に対向の普電が抜け、甲種が顔を出した。原色のDE10の2端を撮るのは久しぶりだが、スノープラウが付くと短い車体でもなかなか重厚感がでていてよい。

・特殊貨物検査票
甲1・3号 積載限界:建築限界内、最大高4081耗、最大巾2875耗、最大長20200耗、検査平成25年3月4日

東京急行株式会社線経由、着駅:長津田駅(横浜線)、発駅:逗子駅(横須賀線)、換算両数:現車8両(4)、延長20.2両(10.1)、換算22.7両(11.4)、発送年月日:平成25年3月5日、輸送番号甲1号
  1. 2013/03/06(水) 23:35:31|
  2. 甲種輸送
  3. | トラックバック:0

鉄道コレクション京王帝都2700系-1

京王帝都2700系の鉄道コレクションが発売された。俄かにグリーン車に惹かれてしまい、即三箱購入と相成った訳だが、レビューのようなものを書いていこうとおもう。
KEIO2700-3[1]
京王帝都2700に付いてはウィキペディアを参照していただきたいが、この編成は2707Fの1970年代ごろをモデルとしているようだ。但し、車番も印刷されていないので2灯シールドビームの2700の2連ならどの編成も可能であろう。私が買った三箱は2704F+2703F+2702Fの2連×3にしようと思っている。2704Fと2703Fは唯一の2700系のみで構成された貫通4連になったが、Mc2704とMc2703が中間車化される少し前に2700の2連×3本が存在したようだ。
上の写真は製品そのままからパンタグラフのみをとりあえず交換してみたものだ。まあ細かい印刷の乱れやはみ出しは鉄コレなので許容範囲である。車体の地のグリーンは成形色っぽいがそれほどは気にならない。個人的に気になるのは前面の前照灯のはめこみの甘さとアンチクライマーとサボ受け周りの成形の甘さだ。この辺りはジオマトのパーツを付けたしてごまかして行こうと思う。
KEIO2700[1]
反対側、Tc2770を望む。こちらもシールドビーム2灯でMc2700と変わりはない。これは試験的にTNカプラー、JC6362を入れてみた写真だ。JC6362はそのまま入れただけでは台車と干渉するので、下の写真の赤線部を切除すると良いと思う。また、その際台車のカプラー受けも切除しないとTNカプラーが入らない。
KEIO2700-2[1]
これから段々といじって行こうと思う。
以上
  1. 2013/03/05(火) 01:36:44|
  2. 模型(京王)
  3. | トラックバック:0

銀釜安中

EF510-510
EF510-510+タキ1200×12+トキ25000×6
思い立ったが吉日、安中を撮ろうということで常磐に行ってきた。行く前に話し込み過ぎて、金町の駅に着いた時、通過時刻と照らし合わせるとあまり時間がなかったので撮影地まで走って行った。走りながらカシ釜だということに気づくお粗末さである。
雲が多く不安であったが通過する頃は晴れていてくれた。釜がEF510に替ってから安中を真面目に撮るのは初めてかもしれない。多少釜の横の架線柱の処理に不満が残るので今度行った時にはそこだけどうにかしようと思う。
  1. 2013/03/04(月) 23:38:33|
  2. 常磐線・貨物
  3. | トラックバック:0

増結くろしお

series381 Kuroshio
なつかしのくろしおが運転された。残念ながら行けなかったので年始に撮影したくろしおの写真でごまかそうと思う。
今やこうのとりやきのさきにも381系が国鉄色となって充当されているが、381系といえば多客期のくろしおの増結9連が堂々としている。非パノラマ編成は運用を終えてしまったが、増結時にはパノラマ編成も自動解結装置を備えない引きしまった顔を見せてくれる。自動解結装置が付きスノープラウがない基本編成のクハはなにか少し貧弱な感じがあるので好きになれない。
今度は南紀の方まで行って撮ってみたいものだ。
  1. 2013/03/03(日) 17:00:00|
  2. JR西日本・特急形
  3. | トラックバック:0

京とれいん

Hankyu series6300 Kyo-train
年末年始は阪急にも行ってきた。上新庄の面縦の作例がかっこよかったので迷わず上新庄へ。アングルをかまえて何本か撮った後、狙ってはいなかったが丁度京とれいんがやってきた。
京とれいんは賛否両論あるようだが個人的にはこのデザインも優雅さがあってよいと思う。まあ6300のバリバリの現役時代をそれほど見ていない人間の言うことなのだが。
  1. 2013/03/02(土) 17:00:00|
  2. 阪急
  3. | トラックバック:0

新しい、白い奴

series287 Hashidate
個人的には183といえば北近畿でこうのとりと言えば287という思いが強いが、この287系、走りだした当初はそのなんともいえないデザインが好きになれないでいたが慣れと言うのは恐ろしく最近では特に何も感じなくなってしまった。
案外雪の中を疾走する姿もカッコ良いものである。
  1. 2013/03/01(金) 17:00:00|
  2. JR西日本・特急形
  3. | トラックバック:0

プロフィール

鐡路迷

Author:鐡路迷
flickr(リンク)

【使用機材】
*Canonマウント
EOS6D
EOS7Dmk2
EOS50D[休]
SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Tamron)
EF24-105mmL F4 IS USM
EF70-200mmL F2.8 USM
EF100-400mmL F2.8 IS USM

*PENTAX67マウント
PENTAX67
smcPENTAX67 200mm F4

最新記事

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

カテゴリ

TOP (0)
撮影記 (1)
鵜殿貨物 (6)
岡見貨物 (8)
常磐線・貨物 (3)
高崎線・貨物 (1)
私鉄各線・貨物 (2)
甲種輸送 (1)
配給・工臨 (6)
寝台特急 (14)
JR東日本・特急形 (13)
JR東日本・通勤、近郊形 (11)
JR西日本・特急形 (5)
JR西日本・通勤、近郊形 (5)
しなの鉄道 (5)
東急 (6)
京王・都営新宿 (34)
京成 (2)
阪急 (1)
模型(京王) (1)
雑記 (10)
未分類 (28)
銚子電鉄 (6)
上毛電鉄 (1)
秩父鉄道 (8)
北海道 (16)
小田急 (2)
川崎界隈 (3)
JR九州 (2)
JR西日本・機関車 (1)
会津 (2)
イギリス (1)
ドイツ (5)
オランダ (4)
スイス (1)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。