鐡路ニ迷ウ

嗚呼岡見貨物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンテナ貨物

DB BR189 019
BR189 019
Ahltenにて
夏の写真を整理していたが、整理次いでにまだ現像していなかった写真を現像した。
写真はBR189のコンテナ列車だ。この日はだんだん晴れて来ていたものの背景はまだ曇っており空がどうにも汚くなった。
スポンサーサイト
  1. 2016/01/18(月) 06:04:24|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hanovarバルブ

ÖBB BR1116 EN491
̈ÖBB BR1116重連 EN491 "Hans Albers"
Hanovar HBF
日本では夜行列車は既に過去の遺物となってしまった。だが、日に数十本の夜行列車が動いてるヨーロッパにおいてもここ数年、夜行列車の統廃合が増加している。特にドイツと旧西ヨーロッパを結ぶ列車に関しては元々City Night Lineに一本化されたものが近年運転区間の縮小が相次いでいる。他方ドイツと東ヨーロッパを結ぶ列車はEuro NachtやDのまま現在まで多くが残存している。ウィーンとハンブルクを結ぶこのEN490/491"Hans Albers"はその中でも名門といって差し支えない。ÖBBのICカラーの客車を主体に最後部にカーキャリーをつなぐ編成は魅力的だが、釜次位がDBのICカラーなのが玉に瑕だ。
  1. 2015/10/11(日) 00:14:50|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sylt Shuttle

DB BR218 341
DB BR218 341+BR218 *** Sylt Shuttle
Klanxbüll - Morsum (Hindenburgdamm)
ここのところあまり暇がなかったので、久しぶりに欧州の鉄道ニュースをチェックしていると看過できない記事が目に入った。それは、Sylt Shuttle向けのBR245の初号機(BR245 021)が落成したというものだ。
まず、Sylt Shuttleなんてもの知らないという人のために。ドイツの北端に位置するSylt島はドイツで一二を争う夏のバカンス先として有名である。そんなSylt島と本土を支えているほぼ唯一の交通はヒンデンブルクダムという浅瀬を埋めて作られた築堤の上の二本の鉄路だ。車でSylt島に渡ろうと思うと本土のNiebüllからSylt Shuttleと呼ばれるカーキャリーに乗るしか方法がない。このカーキャリーは現在はDBの独占状態でそれが繁忙期は一時間に一本走っている、ちなみに本年度12月からは他会社が参入するようでDBの運行するSylt Shuttleは減るようだ。
そんなSylt Shuttleだが、現在はHamburgとSyltを結ぶICとともにBR218というドイツのDD51のような汎用ディーゼル機関車が重連で充当され、ディーゼル機関車の天国となっている。話は一番上に戻るが、そんな王国の落城の日も近い。まずDBの運行分が減り、さらにその運行分も新型が充当される(しかも新型は単機牽引可能)となると先行きは不安すぎる。

夏にドイツを回ったときにはまずこのSylt島は抑えようとわざわざSylt島のすぐ近くのホテルに泊まり、撮影可能な日を二日間確保した。その中の二日目は午前中から夕方まで暇だったのでヒンデンブルクダムへと赴いた。天気は少し遠くはかすんでいるものの上々で、釜も白Hゴムにスノープラウという一番理想的な形態が来てくれた。新型に代わってしまうのご時世とはいえ残念だ。
  1. 2015/10/07(水) 23:31:23|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大陸初晴れカット

DBS BR140
BR140 Ahlten
BR140は、旧西ドイツの主要貨客両用機だ。DBが民営化された後は主に貨物部門に配属となっているが、その車齢故近年他会社への売渡や廃車も増えている。そんなBR140をハノーヴァー近郊の貨物過密区間で撮った。ここはラッシュ時は山手線くらいの間隔で貨物が来るので非常に面白い。
ドイツ内外問わず、大陸のタンク車はどうも日本のように細かい建築限界に阻まれないせいか、限界まで水筒のような寸胴を大きくした形で個人的にはあまり好きではない。なんか機関車が石油パイプを引き連れてる感じがするからである。
  1. 2015/10/07(水) 02:58:29|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HKX

ES64U2
ES64U2 Hamburg-Köln-Express
Düsseldorf Angermund

上下分離式を採用しているドイツにおいて、地域間輸送は私鉄が運行権を得ていることが多いが、長距離列車に関しては未だにDB・ドイツ鉄道以外に運行している私鉄はあまりない。その数少ないうちの一つがこのHamburg-Köln-Expressである。だが、その内容は割といい加減であまりものの客車で運行しているといっても差障りない。この日も団臨用客車とNOBの低床客車を連結してやってきた。
  1. 2015/09/12(土) 05:19:48|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0

プロフィール

鐡路迷

Author:鐡路迷
flickr(リンク)

【使用機材】
*Canonマウント
EOS6D
EOS7Dmk2
EOS50D[休]
SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Tamron)
EF24-105mmL F4 IS USM
EF70-200mmL F2.8 USM
EF100-400mmL F2.8 IS USM

*PENTAX67マウント
PENTAX67
smcPENTAX67 200mm F4

最新記事

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

カテゴリ

TOP (0)
撮影記 (1)
鵜殿貨物 (6)
岡見貨物 (8)
常磐線・貨物 (3)
高崎線・貨物 (1)
私鉄各線・貨物 (2)
甲種輸送 (1)
配給・工臨 (6)
寝台特急 (14)
JR東日本・特急形 (13)
JR東日本・通勤、近郊形 (11)
JR西日本・特急形 (5)
JR西日本・通勤、近郊形 (5)
しなの鉄道 (5)
東急 (6)
京王・都営新宿 (34)
京成 (2)
阪急 (1)
模型(京王) (1)
雑記 (10)
未分類 (28)
銚子電鉄 (6)
上毛電鉄 (1)
秩父鉄道 (8)
北海道 (16)
小田急 (2)
川崎界隈 (3)
JR九州 (2)
JR西日本・機関車 (1)
会津 (2)
イギリス (1)
ドイツ (5)
オランダ (4)
スイス (1)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。